五輪を見たり普及圧などについて勉強した

五輪を見ていました。競泳を見ました。見れて良かったです。そして、細胞について実習しました。カエルなどの両生類は、0.65%と哺乳類よりちっちゃいだ。生物細胞とみたい、植物細胞を高張液に濡らすと水が細胞外に出て原形デキの容積が減少し、低張液に潤すと水が細胞内に入り原形質の容積が増加します。しかし、植物細胞は細胞膜の外側を全額透性で丈夫な細胞妨害が囲んでいるため、生物細胞とはことなる直感が見られます。例えば、高張液中で原形デキの容積が減少すると、もうすぐ細胞膜が細胞妨害から離れてしまう。こういう現象を原形デキ離隔といいます。原形デキ離隔を起こすと植物はしおれます。一方、原形質離隔を起こした細胞を低張液に入れると、細胞の吸水によって原形質の容積が継ぎ足し、これから細胞妨害を押し広げます。こういうときの細胞妨害を圧す緊張を膨圧といいます。植物細胞の吸水の原動力は普及圧だ。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。